FC2ブログ

「俺の割烹」俺の~シリーズ①

お仕事で東京に行ってきました。
午前中は会社で仕事をし、午後からの出発となったので東京のホテルには夕方到着です。
移動移動で疲れておりましたので荷物をホテルに置いて一休みしてから外出しました。

初日の夕食は「俺の割烹」さんを前日に予約しておりました。
007俺の割烹

数年前に俺のフレンチにお邪魔した時はもの凄い行列ができておりましたが、時間がたって落ち着いたようで割烹に行く途中にあるフレンチに行列はありませんでした。

割烹は間隔の狭い席にギッシリとお客様が着席されて、数人お待ちの方がおりました。
札幌市民感覚としてこの席幅は落ち着かないところですが、これだけのお客様が来店されるお店なので、お料理に期待していいのかな?

並々シリーズの泡と日本酒で乾杯です。
008俺の割烹

ほんと並々でグラスが持てません。こぼれます。

【野菜サラダ(ハーフ)】
010俺の割烹

大きさが伝わらない写真ですが、全然ハーフではありません。立派なサイズです。

【フグ皮ポン酢】
009俺の割烹

【トラフグの白子】
011俺の割烹

薄いお味です。文句は言えない料金ですが。

【クエ刺し】
013俺の割烹

淡白で食べやすい白身魚。初めていただきたましたがなかなか美味しかったです。

【イセエビのみぞれ和え】
012俺の割烹

こちらのお料理がお店で一番人気だそうです。
酸味のあるみぞれが美味しくて、結構なボリュームでしたがペロッと完食しました。

【からすみそば】
014俺の割烹

カラスミが歯につき若干食べづらさはありましたが、これは有りかな。

【酒粕クリームチーズ】
015俺の割烹

癖がありすぎて私には無理でした。

食事の途中にピアノ演奏がありましたが、これだけ大勢の人がいる中では折角のピアノも雑音に消されてしまいます。

コストパフォーマンス重視という方にはお勧めです。
私はもう少し静かな場所がいいかな。

「松尾ジンギスカン 新千歳空港店」


♪松・松・松尾のジンギスカン♪
CMの音楽が耳から離れません。

10数年ぶりに「松尾ジンギスカン」を店舗でいただきました。
001松尾ジンギスカン

幼少の頃はジンギスカンといえば「松尾」というぐらい慣れ親しんだ味ですが、最近は購入するのも生ラムで味付きラム自体がとても久しぶりです。

まずはビールで乾杯。
002松尾ジンギスカン

お腹はあまり空いていないので定食ではなくアラカルトに致しました。

お店の人がお鍋に具材を入れてくれます。
003松尾ジンギスカン

久しぶりの松尾ジンギスカンは記憶にあった以上に甘めの味付けでしたが、お肉は柔らかいし、タレの染みついたお野菜も美味しかったです。
自宅ではやっぱり生ラムになってしまうと思いますが、外食でいただくのはたまに味付きラムでもいいかな。

美味しいジンギスカンでした。ご馳走様です。


搭乗までまだ時間があったので同じく空港内にある「World Wine Bar」でワインを一杯。
004ワールドワインバー 006ワールドワインバー

あまり飛行機が得意ではないので、心を落ち着かせるため車の運転が無い時は、少しアルコールをいただくことにしております。
効果の有無はわかりません。ただ飲む口実だと思われます。


サブウェイ


人生初「サブウェイ」。
市内に何店舗もある「サブウェイ」さんに初めて伺いました。
事前にHPでメニュー・注文方法を確認し準備は万端です。

初めてなのであまり冒険はせず定番の【BLTサンド:410円】
サブェイBLT
 ※画像はHPよりお借りしております。

玉ねぎは抜いて、それ以外のお野菜は多めにしてもらいました。
とても分厚いサンドなので食べづらいこと食べづらいこと。
顎関節症の私には手強い相手でした。

食べ終えた時はお腹いっぱいになりますが、ほとんどがお野菜だったので数時間後にはお腹が空いておりました。
食べづらさはありますが、お野菜もたくさん摂れますしこのサンドはお気にいりとなりました。
美味しかったです。ご馳走様でした。


「Plantation」(プランテーション)


菊水の住宅地にある古い倉庫をリノベーションしたお洒落なcafe「プランテーション」さんに伺いました。
DSC_0625.jpg

時間帯によっては満席になるぐらい人気のあるお店ですが、私がお邪魔したのは平日の2時過ぎだったので、カウンターもテーブル席も空いておりました。

焙煎釜が見えるカウンター席が好きで、空いている時はこの席を選びます。
DSC_0622.jpg DSC_0623.jpg

服に珈琲の香りが移るぐらい焙煎釜がフル稼働しておりました。
誰も座れない場所に椅子があり、こんなとこに椅子を置こうと思う発想が凄い。

【ブレンド(フレンチ):550円】
DSC_0624.jpg

もちろん美味しいです。やっぱり自分で淹れる珈琲とは違いますね。(当然ですが)
酸味が少なく香高いお味でした。

店内は薄暗く本を読むには適しておりませんが、落ち着いた客層なので1人で穏やかな時間を過ごしたい方や友人とゆっくりお話ししたい方にお勧めです。
一度ランチをいただいた事がありますが、なかなかのボリュームでしっかりご飯を食べたい方にもよろしいかと。

森彦系列のお店も市内に増えてきましたね。
TSUTAYA美しが丘店やパルコにも出店されてますし、スガイディノスにまで進出されていたことに驚きました。
前回はエントランスに置いてある車の周りはスッキリしておりましたが、今回は珈琲豆の袋に埋もれておりました。
DSC_0620.jpg

好きなお店なので美味しい珈琲が色んな場所でいただけるのは大変嬉しいことですが、店舗を広げてクオリティが下がることがないよう願います。


プランテーション
札幌市白石区菊水8条2-1-32

ブルクベーカリー 札幌円山本店


円山では老舗のドイツパン屋「ブルクベーカリー」さんに伺いました。
19ブルクベーカリー

お名前は聞いておりましたがお邪魔するのは初めてです。
総菜パンや菓子パン系よりもハード系のパンが好きなのでなかなか伺う機会もなく、この日はたまたま通りがかり、店内にお客様が数名いらっしゃるのが外からも見えたので興味を持ちました。

店内の写真はありませんが、朝食やランチとしていただきたいパンが多かったです。
サンドイッチやクロワッサン、バターロール等美味しそうです。
こちらの中から夕食(ワイン)に合いそうなパンを3種類購入いたしました。
20ブルクベーカリー

名前は覚えておりませんが、手前の総菜パンはオーブンで温めて食べると美味しかったです。
ホワイトソースとミートソースがサンドされていて上にはたっぷりのチーズがかかっております。
これはワインに合わないわけがなく、とってもワインが進みました。

どれもカロリー高めのパンですが、美味しくいただきました。
永く営業されている理由がわかります。

次回はデザート系のパンを購入しましょう。


ブルクベーカリー 札幌円山本店
札幌市中央区大通西23-1-11

「麺魂 革命児」


深夜番組の『ハナタレナックス』で紹介されていて、まだ未訪だったお店「革命児」さんに伺いました。
16革命児

私たちのようにテレビをみて来たようなお客様が何人もいました。
テレビの影響って凄いですね。

看板メニューの【旨塩:750円】
18革命児

白濁のスープにレンゲが入りずらいどんぶりで登場。
スープは甘味が強く飲んだ後、口周りに残るほど濃厚なスープです。
食べている時は甘味が主張しておりましたが塩分もしっかり入っていたようで、店を出た後お水が必要になるほど喉が渇いておりました。麺は多加水のストレート麺で、もちもちしております。

【かつお(大盛):800+100円】
17革命児

旨塩に濃いカツオ出汁をいれたスープで、一見醤油らーめんのようです。
私はこちらの方が好みかも。甘味はありますが旨塩よりも強く感じず食べやすいです。麺は同じく多加水ストレート麺。

色々と拘ってお作りだとわかるラーメンですが、残念ながら私の好むタイプではありません。

リピーターも多いようだし週末のお昼は外にまでお待ちになる方がおりました。人気のあるお店なんですね。ご馳走様でした。


麺魂 革命児
札幌市西区二十四軒三条7-1-13 宮の森24ビル 1F

「ワインとアラカルト≪アン・ヴェール≫」


hofeでは残念な結果となり、まだまだ飲み足りない&話足りない私たちは次のお店へ。
去年の6月にリニューアルオープンした「サブール」さんの姉妹店「アン・ヴェール」さんにお邪魔しました。
12元さぶーる

予約をせずに伺いましたがタイミングよくテーブル席があいており、2人なのにゆっくりと寛ぐことができます。

メニューを見ると、お料理もドリンクもリーズナブルです。
失敗しても後悔しないような価格帯なのは初見には大変嬉しいことです。
先ほど軽く食事を済ませてしまいましたので、お料理は野菜中心で頼みました。

【バーニャカウダ】
14元さぶーる

新鮮なお野菜。ソースも美味しいです。

【ジャガイモの雲丹のナンチャラ(?)】
15元さぶーる

雲丹があまり得意ではない私でも美味しくいただけました。雲丹風味のポテトグラタンのようなお味。

ワインはボトルでお願いいたしましたが、頼んだ白ワインは冷えておらず一口目は甘さだけが残るお味でした。
クーラーで冷やす時間が長くなると飲みやすくなりましたが、白ワインは最初から冷えた状態で提供して欲しかったです。

こちらのお店では飲み放題付きのコース料理も5,000円からあるようで、少人数で宴会をする時に利用したいと思いました。
スタッフさんの対応も好感が持てるし、席の間隔も広めだし、客層も落ち着いていて雰囲気のいいお店です。
惹かれるお料理が色々あったので、次回は1軒目にお邪魔したいと思います。

ご馳走様でした。


ワインとアラカルト≪アン・ヴェール≫
札幌市中央区南3条西3-6-2 都ビル 5F

「hofe」(ホフ)


数年ぶりに「ホフ」さんに伺いました。
08ホフ

好きなお店なんですがなかなか伺う機会がなく、今ある場所に移転してからは2度目の訪問です。

前菜【イワシとジャガイモのテリーヌ】だったかな?
10ホフ

訪問時から時間がたっているのでよく覚えておりませんが、この日のオーダー品の中で一番美味しいと思ったお料理でした。

前菜【フォアグラといちごの・・・】(失念)
09ホフ

これは別々にいただいたほうが美味しいと思います。
食材が喧嘩しているような感じです。

メイン【鴨肉のロースト】
11ホフ

温かいうちは鴨の脂身も美味しくいただけますが、少し冷めてくると脂が際立ちます。
焼き加減はバッチリだったし、赤身は最後まで美味しくいただけました。

お料理は全て取り分けた状態で提供して下さるのが嬉しい!
ちゃんと手をかけてお料理されているなぁ~と感心いたします。


ただ、ただ、この日は非常に残念なことが!

横に座られていたグループがとても賑やかで(うるさくて)向かいの友人の声が聞こえません。
こちらはカジュアルなお店ですし、マナー等必要はありませんが、最低限周りに迷惑を掛けないぐらいの声のボリュームでお話されてはいかがでしょう。
途中あまりにも甲高い笑い声&手を叩く等の仕草に耐え兼ね、唇に指をあててしまいました(←私も大人気ないですね)
見たところ私よりも年上で常識のある雰囲気をお持ちの方々でしたので、私のような若輩者に注意されないような立ち振る舞いをしていただきたいですね。

まだまだお腹は満たされておりませんが、この場所に耐え切れず早々に退席いたしました。
美味しいお料理とお酒だったのに残念(泣)


hofe
札幌市中央区南3条西6丁目10-3 長栄ビル 2F

「魚べい」


お蕎麦屋さんに向かう車内のテレビで、お寿司を美味しそうに召し上がっている番組を観ておりましたら、見事に影響されて予定変更となりました。初めての訪問「魚べい」さん。
01魚べい

「スシロー」さんもそうでしたが、最近の回転寿司はタッチパネルでオーダーするのか主流なのかな?
02魚べい

列車のようなものでお寿司が登場。回転寿司と謳っているのにお寿司が全く回っていないのは不思議な感覚です。
03魚べい

噂には聞いておりましたがお値段はとってもリーズナブルで、高くても220円。
04魚べい 05魚べい 06魚べい 07魚べい

私たちが伺った時はマグロメニューが多かった気がしました。
私は全くマグロに興味がないので一口もいただいておりませんが、主人曰く220円の本鮪より100円のマグロの方が美味しかったようです。
私も220円の真サバよりも100円の〆サバの方が食べやすかったので、こちらのお店では100円のお皿で十分だと思います。

私たちが帰る時にはお待ちになる方が大勢いらっしゃいました。
デザート等のサイドメニューが豊富なので、お子様には嬉しいお店なんでしょう。

2人でお腹いっぱいお寿司を頼んでもお会計は2,000円程。
とってもお財布に優しいお店でした。

「スターバックス札幌旭ヶ丘店」


開店からしばらくたちましたが、もうそろそろ落ち着いたでしょうか?
3週間ほど前のことですが、様子をみに「スターバックス札幌旭ヶ丘店」にお邪魔しました。
22スターバックス

駐車場はそれほどでもなかったので、混んでいないだろうと思いきや・・・です。
カウンターにはオーダーを待つお客様の行列。
ご近所にお住まいらしい奥様方や、近郊にある学校の学生さんと思われる方がた~っくさんいらっしゃいました。
訪問するタイミングを間違ってしまいましたが、せっかくなので滞在していきましょう。

待つこと10分程。
【アイスゆずシトラス&ティーventi:510円】(左)
23スタバックス

一番大きいサイズでも爽やかなアイスティなので飽きません。美味しいです。

【チョコラティ バナナ ココ フラペチーノventi(珈琲トッピング):640+50円】(右)

こちらも欲張って一番大きいサイズにしてみました。
バナナとコーヒーの相性って抜群ですね。美味しいです。
ただ、甘味が強いので後半は何かの修行かのように辛かったです。

残すのが勿体ないと最後まで飲みきりましたが、次の日は1㎏体重が増えていたのにはショックを超えて笑ってしまいました。

さすが『venti』お見逸れいたしました。


スターバックス札幌旭ヶ丘店
札幌市中央区 南8条西23丁目4-6
プロフィール

Kao

Author:Kao
札幌近郊に出没しております。健康に気をつけなきゃいけないと思いつつ、なかなか好きなものはやめられません・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR